その他サービス 新規提供終了サービス:旧専用サーバ

【新規提供終了サービス:旧専用サーバ】Apacheのインストール(ソース)

対象プラン
旧 専用サーバ

本マニュアルは『旧専用サーバ』サービスに関するマニュアルです。

旧専用サーバは販売を終了しております。(ご利用中のサービスは継続しています)
新たにお申込みのお客様は「さくらの専用サーバ」をご検討ください。


 

 

Apache インストール手順

提供時のFreeBSD 4.9-RELEASEに基づいてインストール手順を紹介しております。

バージョン Apache1.3.31(2004年7月15日時点)
まず、最新バージョンを確認します。次の場所で最新版の情報を入手できます。

ソースファイルを取ってきます。

(FreeBSD) fetchコマンド wgetコマンド・(Redhat/Fedora/Debian) wgetコマンド

# fetch http://www.apache.jp/dist/httpd/apache_1.3.31.tar.gz

# wget http://www.apache.jp/dist/httpd/apache_1.3.31.tar.gz

ソースファイルを解凍します。

# tar xfzv apache_1.3.31.tar.gz

コンパイルの準備をします。

# cd apache_1.3.31
# ./configure

configureコマンドに適切なオプションを指定することで、不必要なモジュールを削除し、メモリリソースを削減することができます。

configure 主なオプション一覧

–with-layout=[F:]ID
–prefix=PREFIX Apacheのインストール先ディレクトリを指定することができます。
–server-uid=UID Apacheを稼動させるUIDを指定することができます。
–server-gid=GID Apacheを稼動させるGIDを指定することができます。
–enable-shared=NAME 指定したモジュールをDSOとして組み込みます。
–enable-module=NAME 指定したモジュールを有効にします。




コンパイルを実行します。

# make
# make install

Apacheを起動します。

# /usr/local/apache/bin/apachectl configtest
# /usr/local/apache/bin/apachectl start

apachectlスクリプトに引数を与えて、Apacheを起動/停止/再起動します。

start Apacheを起動します。
stop Apacheを停止します。
restart Apacheを再起動します。
graceful 現在のリクエストの処理が終了した後にApacheを再起動をします。